メニュー

不貞行為を立証する浮気調査
時効や慰謝料の相場は?

営業時間中のみ受付となります

無料相談
お問合せ

問合せ

電話

夫や妻の不貞行為を許さない!

不貞行為とはどこからなのか?
風俗通いや、1回のキスでも不貞行為?
時効や慰謝料の相場は?
どんな証拠を集めればいいのか?

妻や旦那の不倫に悩み、今すぐにでも離婚したい!と、決意している方、
夫婦関係を改め、再構築したいと考えている方、

子供は?今後の生活は?と、迷い悩んでいる方、
別れたくない、本心では許したいけれど、離婚を迫られるかもしれない、

このような方々に、ぜひ参考にしていただきたい、不貞行為について知っておきたいことをまとめました。

夫婦の再構築を選んだとしても、離婚を選んだとしても後々後悔しないように、そしてあなたのこれからの人生にお役立てできればと願っています。



「目次」

不倫、浮気と不貞行為の違い
不貞行為とは認められないパターンの事例
不貞行為を立証するための有力な証拠はどんなもの?
慰謝料の相場はいくらくらい?
慰謝料を請求する場合の時効は?
何よりも大切なこと


不倫、浮気と不貞行為の違い

1.不倫と浮気の違い

パートナーとの信頼を裏切った男女のどちらか、あるいは2人ともが結婚している場合が「不倫」、
そうでない場合が「浮気」といわれる場合が多いですが、自分以外の異性に気持ちが向いた、1回キスしただけ、デートに行ったなどの行為も「浮気」「不倫」と捉える場合もあれば「肉体関係をもってから」と捉え方の定義は人それぞれになります。

2.不貞行為との違い

法律上、「不倫」や「浮気」という言葉はなく、離婚裁判などにおいて
「その意思にもとづいて配偶者以外の者と肉体関係をもつ場合をさす」と定義されています。

また、離婚の原因が「不貞行為」にあたるか否かで、慰謝料や財産分与の金額に大きく差が出る場合があります。


不貞行為とは認められないパターンの事例

肉体関係のない浮気

夫や妻以外の異性とのデート、「愛してる」などのメールのやり取りや会話、キス、これらは浮気といわれるかもしれませんが、法律でいわれる「不貞行為」にはなりません。

認められるのは、あくまでも配偶者以外の異性と肉体関係を持った事実だけです。

また、同性同士でも不貞行為とは認められません。

不倫していることは確実でも、証拠がない場合

浮気だと疑ってしまうような行動が今までたくさんあったとしても、確実に浮気していることが分かっているとしても「確かに不貞行為があったという確たる証拠」がなければみなされません。

1、2回の性交渉は離婚理由と認められないことが多い

つい魔が差して、酔っ払った勢いで、など一度だけ夫や妻以外の異性と肉体関係を持った場合も不貞行為といえますが、1回のみの行為を理由に、離婚を認めたケースはほとんど存在しません。

不貞行為を離婚理由として認めてもらうには、継続的に不倫を行っている事実、証拠がなければ難しいといえるでしょう。

数回の風俗通いも認められない

風俗は浮気となりますが、この場合も一度だけでは不貞行為とまではなりません。

しかし、風俗通いを繰り返す男性の場合、「婚姻を継続し難い事由」になり離婚請求ができる可能性があります。

逆に妻が風俗店で働いていた場合も同様に、それだけでは不貞行為の証明としては認められにくく、他の証拠が必要になってくる場合が通常でしょう。

別居中に起こった不倫

長期に渡って夫婦が別居していた場合、すでに「婚姻関係は破たんしていた」と考えられるので、配偶者以外の異性と性交渉をしても不貞行為とは認められません。

離婚原因となるのは、あくまでも不貞行為があったことで、夫婦仲が悪くなり婚姻関係が破綻した事実が必要になります。


不貞行為を立証するための有力な証拠はどんなもの?

離婚請求や慰謝料請求するためには、請求側が相手の「立証するための証拠」を用意することになります。

しかし、不貞行為の立証には詐欺や詐称も多くあるため、裁判所は証拠を厳しく制限しているのが現状です。

不貞行為とみなされる可能性のある証拠をたった一つだけ提出したとしても立証されないケースもありますので、「決定的な確たる証拠」+αで取得可能な限りの状況証拠も多ければ多いほど認められやすくなります。

1.決定的な写真やビデオ

不貞行為の証拠として最も有効となるものが写真や映像です。

最も決定的なものは、配偶者と異性の性交渉真っ最中の映像や写真となりますが、このようなものがスマホ、ビデオカメラやデジカメに保存されている可能性は極めて低いといえるでしょう。

2.探偵や興信所の調査報告書

よく、自分で浮気調査をやって成功した、などの記事を見かけますが、不貞行為の証拠集めは相手に気づかれないように行う必要があり、あなたの大切な時間、かなりの労力を消費することになるでしょう。

また、チャンスを逃してしまったなどの失敗も多く、証拠集めに必死になりすぎて、あなた自身が法律を犯してしまう可能性もありえます。

そのため、浮気調査の探偵や興信所に依頼することが得策です。

浮気調査のプロに任せることによって、不貞行為をしっかり立証してくれる証拠の獲得が可能になります。

・妻や夫が異性とラブホテルに出入りしている写真や動画
・不倫相手の家やビジネスホテルに継続的に数時間出入りしている写真や映像

3.不貞行為を自白証言した音声

夫や妻の不倫について話合ったり、問いただしたりする際にボイスレコーダーなどで自白した会話を録音しておきましょう。

自分の不貞行為を認める内容が録音できればそれは証拠となります。

しかしそれでも万全とはいえないので、その際は、書面「念書」なども残しておきましょう。

尚、実際の裁判では録音の再生は行わないため、音声を文章化して提出することになります。

4.そのほか状況証拠となるもの

・メールやLineなどでの性交渉があったと憶測されるようなやりとり
・性交渉があったと認めるような会話
・ラブホテルのレシート
・ラブホテルや浮気相手の家に立ち寄った形跡のあるカーナビやGPSの履歴

これらはあくまでも「状況証拠」であって、不貞行為とみなされる可能性のあるものに過ぎません。

しかし「状況証拠」を積み上げればその分、立証されやすくなります。

証拠があるメリット?

「不貞行為をした人(有責配偶者)からの離婚請求は原則できない」

これは、簡単に言うと「夫や妻が不倫相手と結婚したいと考え、離婚請求を行うことは原則的に認められない」ということです。

特に、夫婦に未成年の子供がいる場合には、不貞行為を犯したした側からの離婚請求は認められません。


慰謝料の相場はどのくらい?

慰謝料は不倫相手、あるいはあなたを裏切った夫や妻から受けた精神的な苦痛に対して支払われるお金です。

慰謝料には規定の相場があるわけではありませんので、請求した金額に相手が納得すれば、その金額がそのまま慰謝料となります。


夫や妻に不貞行為があった場合の慰謝料の相場を目安としては以下の3パターンに分かれます。

  • 不倫はされたが夫婦関係を継続する場合:
    50万円~100万円

  • 不倫が原因で別居することになった場合:
    100万円~200万円

  • 不倫が原因で離婚に至った場合:
    200万円~300万円

尚、この慰謝料は、あなたを裏切った夫や妻、あるいは不倫相手、あるいは両者に請求することができますが、両者に請求した場合は、合算金額となります(共同不法行為)。

不貞行為に対する慰謝料金額を増減する要素は?

婚姻期間の長さ

結婚期間が長いほど、婚姻相手に与えた精神的苦痛は大きく慰謝料は高額になります。

不倫の主導者

不倫を先導した方がより重いとみなされます。

年齢

年齢差がある不倫の場合、年齢が上の者の方が責任が大きいとされます。

婚姻生活の状況

夫婦関係が円満であればあるほど、夫婦関係に与えたダメージが大きいと判断されます。

不貞行為の期間・回数

不倫期間が長ければ長いほど、回数が多くなれば多くなるほど、慰謝料の金額が高くなる傾向にあります。

不倫相手の認識

不倫相手に慰謝料請求をする場合には、結婚をしていることを知りながら肉体関係を持った場合は悪質と判断され、慰謝料の金額が高くなります。
結婚していることを隠されていた、独身と騙されていた場合には、相手に慰謝料の支払い義務がなくなります。

社会的地位

浮気相手の収入、資産、社会的地位が高い場合は、慰謝料の金額も高くなる傾向にあります。

子供の有無

夫婦に子どもがいるケースのほうがより慰謝料が増額される傾向にあります。

不倫の再発

不貞行為が発覚し、2度と繰り返さないと約束した後に再発した場合、悪質とみなされ慰謝料は増額されます。

不貞行為の証拠の有無

決定付ける証拠写真や映像、音声データなどの有無が、慰謝料金額の増減に大きく関わります。


慰謝料を請求する場合の時効は?

不倫に対する慰謝料を請求できる時効までの期間は大きく分けて2パターンになります。


  • 配偶者の不貞行為および浮気相手を知った時から3年間(消滅時効)

  • 不倫の関係が始まったときから20年間(除斥期間)
    相手の顔は知っているけれど、名前や住所などが分からず、慰謝料請求ができなかった場合など。

不貞行為の時効を一時的に停止するには?

「催告」という制度を利用します。
具体的には、不貞相手に対して内容証明などを送り、慰謝料の請求を行います。
この請求を行ってから6ヶ月以内に訴訟か調停の申し立をすれば、その時点で時効をリセットすることが出来ます。

時効が迫っているときには最も有効な手段といえるでしょう。


何よりも大切なこと

あなたが夫婦関係の再構築を望む場合でも、不貞行為を立証し、離婚を望む場合でも、慰謝料請求をする場合にも、夫や妻の「言い逃れできない確たる証拠」をつかんでおくとよいでしょう。

離婚話を持ち出したとたん、警戒して不貞相手としばらく会わない、というパターンも考えられるので、言い逃れできない証拠を押さえておく。

これがあれば、あなたが有利に慰謝料請求や離婚を進めることができるだけではなく、あなたの精神的な支えになることは間違いありません。

確実に決定的な証拠をつかみたい!という方は弊社までご相談ください。
費用や調査の依頼をした方が良いかどうかなど不安な点や疑問についての無料相談もございます。

これからのあなたの人生がより素晴らしいものになるように、応援させていただきます!



緊急・即日対応も可能です。
浮気調査はお任せください!!!  
ご相談はこちらから
↓↓↓