メニュー

浮気調査で使える便利ツール
アイテム:東京の興信所 R&I

営業時間中のみ受付となります

無料相談
お問合せ

問合せ

電話

自分で浮気調査する方法:便利アイテム、必須ツール

最近、夫の行動が怪しい、、、
妻が浮気しているかもしれない、、、

浮気の疑惑はあるものの、探偵や興信所に依頼するまでもない?
自分で証拠をつかんでみようか、そう考える方も多いかと思いますので、まずは自力で証拠をつかむべく便利アイテムや必須ツールの紹介をしていきます。

しかし、自分で浮気調査をする場合には、相手にバレてしまうというリスクがあること、
夫婦と言えどもプライバシーの侵害になりかねない場合もあることをお忘れなく!


「目次」

浮気調査、証拠撮影に欠かせないカメラ、ビデオ
監視カメラ、小型カメラで盗撮、行動をチェックする
音声を録音するボイスレコーダー、ICレコーダー
追跡調査に必須のツールGPSロガー
浮気調査に必要な変装アイテム

盗聴、盗撮で手に入れた浮気の証拠は違法?
自分で浮気調査をする覚えておきたいリスクとデメリット


浮気調査、証拠撮影に欠かせないカメラ、ビデオ

一眼レフ、デジカメでの証拠撮影の注意点

旦那や妻が浮気相手とラブホテルに出入りする瞬間を激写できれば、浮気の証拠として十分なものになります。

自分で浮気調査したのに、いざ決定的な瞬間を収めようとしたら、カメラやビデオのバッテリー切れであったり、メモリーの容量不足で撮影記録できない、などの失敗が起こらないように事前確認は怠らないように。
また、日付や時間のタイムスタンプも正確に合わせましょう。


夜間撮影時の注意点ですが、フラッシュは焚かないように必ず初期設定を行いましょう。

シャッターを押した瞬間にフラッシュが光ってしまって、自分もビックリ!対象者にばれてしまうことにもなりかねません。

また、せっかく撮影したのに、後姿だけで顔が映っていない、暗くてよく見えない、画像が荒く不鮮明、ブレブレ写真、このような場合には、「自分ではない」と言い逃れされてしまう可能性があるので注意が必要です。

接近して撮影することは発覚の危険性もあるので、離れたところからのズームでも鮮明に撮影でき、夜間でも綺麗に撮影可能な高感度対応かどうかの確認も必要になります。

決定的な撮影チャンスは一瞬です。
デジカメで撮影する際には連続撮影することをお勧めします。

浮気調査で使用する際のビデオカメラ選びのポイント

決定的チャンスを逃さないためのツールとして、ビデオでの動画撮影がお勧めです。
プロの探偵も浮気調査の際にはビデオを利用しますが、ビデオ選びのポイントは下記になります。

ズーム機能
画質にあまり影響のない、光学ズームの倍率が高い機種を選択する。

手ブレ補正機能
電子式は画像処理ソフトで補正するため粗くなるので、録画時に光学式の手ブレ補正機能のあるビデオがお勧め。

夜間の撮影
浮気調査は夜間に行われることが多いので、夜間撮影に強いものを選んだほうが良いでしょう。
レンズの明るさを示すF値の数値が小さく、最低被写体照度の数値が低いもの。
赤外線を使ったナイトモード機能付き、低照度に強い機種がお勧めです。

連続撮影時間(バッテリー容量)
長ければ長いほど良いですが、まだバッテリーが残っているハズなのに、突然まさかのバッテリー切れ!録画できなかった!
にならないためにも、予備のバッテリーの準備をしておくと良いでしょう。

メモリー容量
撮影した録画データはビデオ本体の内蔵メモリーに保存されるため、メモリーの容量がいっぱいになれば、それ以上録画できなくなってしまいます。
メモリーの容量が大きくなるに従い、価格も高くなります。


監視カメラ、小型カメラで盗撮、行動をチェックする

自宅や寝室などに小型監視カメラを設置して、パートナーの怪しい行動を監視、録画することができます。
これで不貞行為の証拠が抑えられれば、あなたの浮気調査は大成功となります。

たとえ怪しい行為や浮気現場が押さえられなくとも、
スマホを操作している画面を背後から撮影し、パスコード、パターンロックのパターン、パスワードを手に入れるなど活用法はさまざま、

最近はインターネットで色々な小型監視カメラなどが数万円で販売されていて、売り上げも伸びているようです。


監視カメラ、小型カメラの種類と使われ方は?

種類、利用方法には大きく分けて「設置型」と「移動型」の2種類があります。

設置型の小型監視タイプは、さらに2種類に分けられます。

  • 映像・音声を電波で 飛ばして相手に気付かれないように別の場所のモニターでリアルタイムで確認する「電波タイプ」
  • カメラ本体や内蔵したMicroSDカード等に盗撮した映像・音声を保存して、 後ほど犯人がモニターに接続するなどして確認する「録画タイプ」

移動型の盗撮カメラは、外出先でスマホや、身に着けてなどどこでも使用される小型カメラです。

いずれのタイプにせよ現在主流のものの共通点は、面倒な配線等が一切必要ないので、 本体のみがあればどこでも仕掛ける事ができます。

※注意点
設置場所について:何かの拍子に、発見されるというリスクが多少なりともあるということを十分にご理解いただき、ご自身の判断で設置してください。

アマゾンや秋葉原などで売られている小型カメラ、監視カメラの種類

  • 赤外線暗視型
  • 電球型
  • 置時計型
  • 懐中電灯型
  • 火災報知機型
  • 壁スイッチ型
  • ミラー型
  • ペン型
  • クリップ型
  • スティック型
  • USBメモリ型
  • ライター型
  • ミントケース型
  • キーホルダー型
  • モバイル充電バッテリー型
  • メガネ型
  • 腕時計型

浮気調査のために、自宅寝室や車に隠しカメラを仕掛けての隠し撮りによる映像は、合理的とは認められず、証拠として採用されないケースもありますのでご注意ください。


音声を録音するボイスレコーダー、ICレコーダー

浮気調査におけるアイテムツールとしてのボイスレコーダー、ICレコーダーの利用方法としては、
盗聴器として車内などにしかけ、そこで会話されている音声を録音するパターンと、
浮気している当人が、不貞行為を自白する時にそれを浮気の証拠として収録するパターンに分けられます。


車内などにしかけ、そこで会話されている音声を盗聴、録音するパターン

車内などの会話の聴取は、ICレコーダーを仕掛けるだけですのでお手軽ですが、機種の選び方がポイントになります。

※注意点 
ICレコーダーを使った盗聴によって浮気の証拠を手に入れることができたとします。
しかし、その音声から聞きたくもない会話、場合によっては不貞行為が行われている音声をあなたが聞くことになってしまいます。
生々しい会話、それがトラウマとなり、あなたを苦しめ、精神的負担をかけることになる手段となるかもしれないことを忘れないでください。

ICレコーダーの見分け方のポイント

ボイスレコーダーの容量

「最大録音時間」
はボイスレコーダーの内蔵メモリと外部メモリに、どのくらいの時間の使用が可能か、という点を見ておくと便利です。

「最大録音件数」 
簡単に言えば何回に分けて収録ができるか。
最大件数に達してしまうと、時間ががあまっていても、それ以上は収録できなくなるので注意が必要です。
音声を認識し、自動起動させる音声起動装置を使用する場合、件数が多くなりますので、 最大時間だけでなく、この最大件数も重要ポイントになります。

電池、バッテリーの持続時間

電池の持続時間は非常に重要になります。ほとんどのボイスレコーダーは、持続時間が24時間を超えていますが、「数日利用したい」「ICレコーダーのバッテリーや電池を取り替える機会がない」という場合には、その場合は、かなり持続するボイスレコーダを選んでおいた方が良いでしょう。 もちろん、最大時間や最大件数も、用途に合わせて多めのものを選んだほうが無難です。

タイマー機能

録音開始時間、終了時間を設定できれば、無駄な収録を省くことが可能です。
無駄なICレコーダーでの収録が少ない→時間が限定され、浮気の証拠となる音声を探す手間が省ける、ということにつながります。

音声起動装置

ボイスレコーダーのマイクが会話や音を感知したときに録音状態にすることができます。
この機能があれば、無駄な電池の消費や時間が短くなり、長時間の会話の保存が可能となります。

不貞行為を自白させる時にそれを浮気の証拠として利用するパターン

浮気の証拠を突きつけて、本人に自白させる、または浮気相手が「暴露」するなどの際、その音声を収録しておけば、
「本人証言の証拠」として扱われます。

浮気を認めた自白証言を録音できれば、証拠の一つとして有効となります。

そのチャンスに備え、いつでも使えるようにICレコーダーを準備しておくと良いでしょう。

このパターンの場合、スマホアプリのボイスレコーダー機能で十分な場合が多いですが、
スマホで証拠を突きつけながら自白させる場合には、ICレコーダーが必要になります。
また、ペン型のものなどもあるので、それらを使うのも良いでしょう。
夫婦での話し合いのときなどに、ばれないように事前に録音ボタンを押しておくことがポイントです。


追跡調査に必須のツールGPSロガー

GPSロガーとは位置情報(時間、場所、そこまでのルート)を記録してくれる便利なツールで、記憶型のGPSです。

パソコンに繋ぐと、地図上に移動した軌跡が見られますが、残念ながらリアルタイムでの居場所は分かりません。

ボイスレコーダーよりもかなり小型で、磁石が付いているものあり、車の中でなく、車体の金属部分やナンバープレートの裏に磁石で取り付けられるので、まずバレるリスクは低くなります。


対象者のカバンの中などの所有物に忍び込ませることも可能ですが、こちらはバレるリスクが高くなります。

尚、リアルタイムGPSはパソコン、スマホで位置情報を確認でき、尾行、素行調査のツールになりますが、携帯会社やセコムなどと契約をしなくてはならないという面倒があります。

いずれにしても、GPSの位置情報だけでは、浮気の証拠には残念ながらなりません。

たとえ位置情報でホテルにいることが分かったとしても、それは浮気の証拠にはならないのです。

ウソをついて出かけているのかどうか、確認したい、
浮気をしているであろう場所を知りたい、
不倫している日を予測したい、

と言う方にはGPSロガーでの調査はおすすめです。

GPSロガーの取り付け場所を工夫して、追跡相手の車や持ち物に発信機を仕込んでしまえば、相手の追跡を安価で行うことができます。

浮気調査を探偵に依頼する前に、あらかじめGPSロガーで頻繁に立ち寄るところ、時間帯を把握しておけば、費用を抑えることが可能になります。


浮気調査に必要な変装アイテム

変装時に注意するポイントは、まず「目立たない」
実施場所にあった服装を選び、できるだけ目立たない地味な服装を心がけましょう。
平日のオフィス街であれば、サラリーマン風のダーク系のスーツ、場合によっては作業服など、その場に溶け込む「目立たない」服装が望ましいです。

手軽な変装の必須アイテム としては、「眼鏡」「帽子」「上着」を使って何パターンかの組み合わせで尾行し、素行調査を行います。


眼鏡を使った変装
黒縁などの縁があるメガネがは、印象が変わりやすい。

帽子を使った変装
コンパクトに折りたため、ツバがなく、鞄に入るもの、リバーシブルなら更に良い。

上着を変えて変装
中に着ている服と違うカラーのものだと印象が変わりやすい。

上記の3つのアイテムを組み合わせて、いくつかのパターンをつくり、パッと見の印象が変わるように心掛けましょう。

また、変装といえば、サングラスやマスクが真っ先に思い浮かぶかと思いますが、 使い方によってはかえって目立つ場合があったり、張り込みなどしていれば通報される危険もあるので注意が必要です。


盗聴、盗撮で手に入れた浮気の証拠は違法?

自宅に盗聴器、盗撮カメラをしかけた

自分の家や夫婦の共有物に盗聴器や隠しカメラをしかける場合は、違法にはなりません。
しかし、この場合については「プライバシーの侵害」や「精神的苦痛」を訴える人もいますが、個別の状況や、裁判官によって判断が分かれるものもあります。

また、盗聴、盗撮で得たものは裁判などの証拠として出しても、効果はあまりなく、補足材料として扱われることがほとんどです。

当たり前の事ですが、浮気相手や他人の家に許可なく設置した場合には「住居侵入罪」「プライバシーの侵害」となります。

また、電話回線に盗聴器をしかけて傍受した場合は「有線電気通信法違反」「電気通信事業法違反」となります。

このような理由から、確実に不貞を認めさせるのであれば、ホテルへ出入りする写真など言い逃れのできない証拠を用意した方が無難といえます。

言い逃れのできない浮気の証拠もないままに、感情に任せて問いただせば、逆ギレ、うやむやにされてしまったり、最悪のケースは浮気相手と本気になってしまうということも考えられます。

相手との会話を勝手に録音した場合

ICレコーダーなどで相手の承諾なしに会話を録音する行為を「秘密録音」といいます。


相手は自分に向かって話しているので、盗聴とは異なり、「本人証言の証拠」として扱われます。

無断で録音しても違法性はないため、証拠としても問題ありません。

しかし、暴力などで脅して発言させた場合は、証拠にはなりません。
「本人証言の証拠」として録音する際には、会話の一部ではなく、流れ全体を録音しておく方がよいでしょう。


自分で浮気調査をする覚えておきたいリスクとデメリット

時間と体力、気力を消費する

GPS追跡で、旦那や妻の行動を把握する、浮気相手と密会している、ラブホテルにいた証拠をつかむ、撮影する、ボイスレコーダーで証拠をつかむ、これら全てにおいて共通しますが、あなたの大切な時間を消費します。

始めは、絶対に証拠をつかんでやる!と意気込んでいても、仕事をしていたり、お子様がいれば、ただでさえ時間がないのに自分で浮気の証拠をつかもうとすると本当に心も身体もへとへとになってしまいます。

生々しい映像、音声によりトラウマになる、精神的ダメージが激しい

ICレコーダーや小型カメラ、あるいは変装して自分で尾行を行って浮気の証拠を手に入れることができたとします。
しかし、パートナーが浮気相手とラブホテルから楽しそうにでき来た時、あなたの感情はどうなるでしょうか?

憎しみ、悲しみ、それ以上の感情が湧き出て、我慢できずに目の前に飛び出し、罵声を浴びせてしまうかもしれません。

特に盗聴器、盗撮から得た音声や映像は、あなたの脳裏に焼き付き、トラウマになってしまう可能性が非常に高いのです。

自分で浮気調査することは、精神的なダメージが大きく、その場の冷静な判断が出来なくなってしまう、というデメリットが伴なっていることを忘れてはいけません。

GPSを仕掛けている、盗聴や盗撮、尾行がバレた時のリスク

GPSロガーを仕掛けていることがバレてしまう、
いくら変装したって簡単に尾行に気づかれてしまう、
盗聴器や盗撮カメラを仕掛けているのがバレてしまう、

そうなった時、あなたのパートナーはどう思うでしょう?

「そんなに自分の事を愛していてくれたのか、浮気をしてしまって申し訳ないと思っている」
と謝罪してくれるでしょうか?

ほとんどの場合、
そんなに信じることができないのか!と逆切れしたり、
そこまでするのか!気持ち悪い!
あなたの事をストーカー扱い、
最悪のケースは浮気相手と本気になってしまう、
もしも浮気していなかった場合には、信頼関係が崩壊して修復困難、、、

そうなると、今後の関係性の修復は厳しい状況になってしまうでしょう。

また、浮気の証拠をつかむ前に相手にばれてしまった場合には、今後、探偵などのプロに浮気調査をお願いしても、相手は警戒し、証拠をつかむのがプロでも困難になってしまいます。

せっかく浮気の証拠をつかんでも、言い逃れされてしまう、
法律上、浮気の証拠にはならないリスク

ボイスレコーダーで盗聴し、浮気している音声が取れた、
GPSロガーでホテル街に度々行っている証拠がつかめた、
浮気相手とホテルから出てきた写真は撮影できたけど、ピントが合っていなかったり、後姿であなたには特定できても、第三者から見て誰なのか特定できない、

このような場合、パートナーに言い逃れされるだけではなく、
せっかくあなたが精神的苦痛を味わって、大切な時間を費やしたとしても、残念ながら不貞行為の証拠にはなりません。


言い逃れできない証拠を突きつけて、反省させ、やり直したい
慰謝料請求して離婚したい

このような場合は、自分で浮気調査を行うにはとてもリスクが高いのでご注意ください。

浮気をされているのか不安で仕方ない、
言い逃れできない証拠が欲しい、
浮気を認めさせてやり直したい、
慰謝料を請求してさっさと離婚して人生やり直したい、

こんな時は、プロに浮気調査を依頼して、きちんとした証拠を押さえてもらう方法がベストです。

、、、でも費用が、、、

そんな心配をお持ちの方も、ぜひ無料相談からお問い合わせください。
調査の費用を抑えるコツも含め、ベテラン相談員が親身になって対応いたします。


関連記事

自分で浮気調査する方法: ノウハウ大公開


緊急・即日対応も可能です。
浮気調査はお任せください!!!  
ご相談はこちらから
↓↓↓