メニュー

浮気やW不倫の慰謝料請求
浮気調査は東京の興信所 R&I

営業時間中のみ受付となります

無料相談
お問合せ

問合せ

電話

旦那のW不倫、妻の浮気で慰謝料を請求する方法


夫や妻の浮気が発覚!慰謝料請求したい!

浮気をしていた夫や妻のことが許せない!
慰謝料をとって離婚してすっきりしたい!
子供が小さいのでまだ離婚できないけど、慰謝料はとりたい!
そんなあなたに読んでいただきたい記事です。

・少しでも金額を高める方法は?相場は?
・どんな事情が金額を左右させるのでしょう? 
・浮気の証拠はどこまで必要なのでしょうか?
・時効期間はあるの?

>>このページを読む


不倫相手に慰謝料したい! ダブル不倫されてた!慰謝料請求の方法は?

・浮気相手に慰謝料を請求する前に気をつけること
・泣き寝入り?不倫相手から慰謝料を取ることができないパターン
・慰謝料の相場は?共同不法行為って?
・ダブル不倫されてた!慰謝料請求はどうしたらいいの?
・不倫相手への慰謝料請求権の時効期間

>>このページを読む


あなたが離婚を考える前に読んでいただきたい記事の紹介

・旦那がまさかの浮気!離婚を決意する前に妻がすべきこと
・浮気妻を許せない!許したい、、、離婚に迷う夫のためのページ
・自分の離婚のケースに最適な方法を選ぶ! メリット・デメリット
・協議離婚するときに 失敗した!と後から後悔しないためにすべきこと
・離婚調停から離婚裁判までの手続き方法と手順
・離婚に伴なう権利や問題点、あなたの権利を確認しましょう

>>このページを読む



緊急・即日対応も可能です。
浮気調査はお任せください!!!  
ご相談はこちらから
↓↓↓


慰謝料と浮気調査に関する事例を紹介いたします。

慰謝料請求し婚姻を継続するケース :

当社の浮気調査により夫の不貞行為が確実なものとなった。

妻は夫に対し貞操義務の権利を侵害した不法行為責任として慰謝料請求し、不倫相手に対しても夫権侵害で慰謝料を請求した事例があります。

不倫行為をした当事者2人は、離婚したらお互いに結婚をする約束をしていたが、原告側(妻)は2人の結婚を阻止するため、現状、婚姻を継続すると主張。

有責配偶者(不貞行為を行った当事者)からの離婚請求は非常に困難であるため、夫と不倫相手に対する復讐は長期化する事例である。

(50代・妻・専業主婦)


依頼内容:

妻は、仕事も家事も育児もきちんとこなしていた。

結婚生活6年目にして、突然、妻から別れ話を持ちかけられ、理由を聞いたところ、現在付き合っている男性がいると素直に白状した。

しかし、この男性について問いただしたところ、何も情報は得られなかった。
妻の接触人物から、この男性の正体と、浮気の証拠を掴みたい。

(42才・夫・会社員)

調査結果:

妻の浮気調査を実施した結果、同じ勤務先の男性との定期的な不貞行為が確認された。

その後、不倫相手の男性について調査をすすめると、 既婚者であることが判明。

報告書には、ホテルに入室した決定的な浮気現場の瞬間が撮影され、2人で手をつなぎながら、同館内レストランに現れ、楽しそうにしている姿まで記録されている。

依頼者にこの事実を報告したところ、これまで信頼していた妻に偽りがあったことに対し、また、家にいるときより楽しそうにしている姿を見て憤慨、困惑していた。

後日、双方の家族を交えて協議した結果、夫側は妻と浮気相手の男性に慰謝料を請求し、離婚したとの事。

尚、相手の男性はその妻からも離婚訴訟を起こされたそうだが、詳細は不明である。


依頼内容:

夫のスマホに女性からのLineがあり、一緒に旅行するような内容であった。

その日は出張と夫が言っているが、浮気している可能性が高いので、証拠をとっておきたい。

(30代・妻・会社員)

調査結果:

浮気調査の結果、夫は女性と合流し、共に温泉街のホテルへ宿泊した。

後日、再度調査したところ、夫は退勤後に同じ女性と接触し、女性の自宅で時間を過ごしていたことが判明。

依頼者が調査結果を夫に突きつけたところ、不貞行為を認め、女性と別れ、夫婦関係の再構築に励んでいる。

現在、妻側は女性へ慰謝料請求の申し立てを行なっているとのこと。



緊急・即日対応も可能です。
浮気調査はお任せください!!!  
ご相談はこちらから
↓↓↓