メニュー

浮気調査専門 探偵・興信所 アール・アンド・アイ

営業時間中のみ受付となります

無料相談
お問合せ

問合せ

電話

夫婦関係を修復するための具体的な方法

不倫してる夫や妻と復縁したい

浮気調査を依頼され、不倫の証拠をつかむ目的は、
・離婚するため、
・慰謝料をとるため、と思われがちですが、実際は半数以上が離婚ではなく復縁を望み、実際に家庭の修復を果たしています。

旦那や妻と復縁するための夫婦関係修復方法|探偵 R&I


ここからは、あなたが浮気された側で、妻や夫と復縁を希望する場合に夫婦関係を修復していくための具体的な方法を解説していきます。


「目次」

妻や夫の不倫がわかっても復縁を望む理由ベスト5

夫婦関係を修復させるための具体的な浮気調査の利用方法

復縁を望む場合に、やってはいけないNG行為

簡単に許すことはできない、時間がかかって当たり前


妻や夫の不倫がわかっても復縁を望む理由ベスト5

多くの人が「離婚は選ばない」「夫婦関係を継続したい」という前提のもと、浮気調査を依頼します。

では、まず、復縁を望む理由を見てみましょう。

きっとあなたに当てはまるものもあるのではないでしょうか?


ベスト5 世間体&大切な人を裏切りたくない

世間体&大切な人を裏切りたくないから、旦那や妻と復縁したい


人間は、ウワサ話、特に、男女の問題が絡んだ人の不幸が大好物です。

もし離婚をすれば、自分がそのウワサ話の餌食になってしまう、と考えられます。

また、家族や親戚のことを考えると配偶者に浮気があっても簡単に離婚に踏み切れない、というケースも少なくありません。

夫婦共通の友人が多い場合、友達を失いたくないから、というのも離婚をしない理由の1つになります。


ベスト4 幸せになって欲しくないから、浮気相手に負けたくないから

妻や夫に幸せになってもらいたくないから、悔しくて復縁したい


離婚してしまった場合、相手には愛し愛される彼氏や彼女がいるのに、自分には愛してくれる人がいない・・・そう思うと、悔しい気持ちが沸々・・・。

自分を裏切った、憎い相手だからこそ、幸せにさせないために絶対に別れない、という理由もあるのです。

特に、不倫相手が、お互いの知人であったり、自分よりも、若い、見栄えがいい、エリート、逆に、自分よりも劣っている、など、とにかく気に食わない要素がある場合
「この不倫相手には負けたくない!この人だけには奪われたくない!」という作用が強く働きます。


ベスト3 子供への影響、こどもが可哀想だから

こどもが可哀想だから妻や旦那と夫婦関係を修復したい


浮気されている夫に多く見られるパターンとして、子供のメンタル的なダメージと子供の健やかなる成長を考え、例え妻が不倫していても、家族関係を維持しようと考えます。

また、例え妻の浮気が理由で離婚した場合でも、父親が親権を得ることが難しいという現状も考えられます。

浮気されている妻側としては、せめて、子どもが成人するまでは・・・と、心に決め、夫婦だけの問題として解決しようと、夫婦関係の修復を望みます。

また、子供が小さい、あるいは学生である場合、妻としては、ベスト2の「生活が苦しくなってしまうから」という理由と共に、復縁を選択します。


ベスト2 生活が苦しくなってしまうから

生活が苦しくなってしまうから旦那と復縁したい


収入を旦那さんに頼っている女性、特に専業主婦の場合、離婚してしまうと大切な収入源を失うことになります。

相手から慰謝料をもらい自分で働けば、そこそこ生きてはいけるでしょうが、これまでと同じような生活水準を保つのは、難しくなるでしょう。

また、男性では、仕事と家事を両立する必要性が出てくるので、身の回りの世話をすべて妻に任せている場合、まるで、母親のような存在である妻を失うことは、今後の自分の生活にマイナスになると考えます。


ベスト1 まだ好きだから、自分にも非があると思うから

旦那や妻のことがまだ好きだから、夫婦関係を修復したい


「コミュニケーションが少なくスキンシップもない生活を共にしていた」
「仕事に夢中で家庭をかえりみなかった」
「育児に追われ、旦那さんをないがしろにしていた」など、自分のこれまでの行いで、パートナーが不倫に走ってしまうのも仕方なかった・・・と、その心理を理解できた場合は、離婚せずに、復縁を選択します。

一生の伴侶、パートナーとしての愛情が少しでも残っている場合にも修復を望むようです。

上記以外にも

「自分も不倫中だから」「男(女)として見ていないから怒りを感じない」「離婚するのが面倒くさい」「浮気を許して夫婦の主導権を握りたいから」というパターンもあります。


夫婦関係を修復させるための具体的な浮気調査の利用方法

さて、実際に浮気調査を実施して証拠が入手できたとします。

その後、復縁に向けてのポイントを解説していきます。

夫婦関係を修復させるための具体的な浮気調査の利用方法


一番大切なこと、まずは、あなたが冷静になる

報告書によって不倫の状況を目の当たりにすると、傷つき、悲しみ、嫉妬、不安、湧き上がる怒りと共に、自分を責める気持ちも生まれ、さまざまな感情に振り回され、衝撃のあまり冷静に考える余裕がなくなってしまうのも無理はありません。

しかし、感情に振り回されて、パートナーに報告書を突き付けてしまっては、逆ギレされたり、開き直られたり「離婚する!」という展開になるリスクが高くなります。

逆切れされ、開き直られて復縁できなくなるリスク


なんとなく不倫に気が付いている、ということをほのめかしてみる

夫や妻が、浮気はよくないこと、と感じ、後ろめたさがある場合、それとなく「証拠があるんだよ」ということを匂わせるのは効果的です。

浮気相手との共通の知人の話、密会していた時間の話、芸能人の不倫ネタなどを、さりげなく話題に出すと、「もしかしてバレてる?」と、罪悪感を感じるでしょう。

自分が良くないことをしている、という罪悪感を感じさせることがポイントです。


浮気調査したことを話す場合の注意点

前述したとおり、感情に任せてパートナーを追い込んでは、あなたが復縁を望む場合、逆効果になります。

「家庭を守りたかった」「夫婦関係を修復したいから、どうしても証拠が必要だった」と冷静な姿勢で復縁の話し合いを進めると、浮気調査したことに対して理解してもらえる可能性が高くなります。


不倫相手に身を引くように話し合いを進める

不倫相手に身を引くように話し合いを進める


「言い逃れのできない証拠」があれば、あなたが優位になって配偶者と別れるように話を進めることが可能になります。

さらに相手の特定ができていれば、慰謝料請求をすることもできます。

不倫相手に「これ以上の不倫は危険だ」ということを認識させることにより、復縁はスムーズに進む可能性が高くなります。

ただし、ダブル不倫だった場合、あなたの配偶者も慰謝料を請求される可能性があるので、実態を知っておくことが必要になります。


【参考情報】
不倫相手が気になる!夫や妻の浮気相手はどんな人?

浮気相手だけに高額な慰謝料を支払わせたい!その方法は?


必要であれば、公正証書、念書、誓約書を書いてもらう

旦那や妻の不倫、浮気が再発しないように誓約書を書かせる


今後、2度と間違えがないように、ルールや取り決めをして復縁するパターンです。

「公正証書」を利用する場合、
再発した場合の慰謝料、財産、親権などについてを書面で残すことにより、法的に有効になります。

話し合いだけで終わらせず、誓約書や念書を書いてもらうという方法も再発防止の効果はありますが、法的な強制力は持ちませんので注意が必要です。


復縁する方向で生活を共にするときに大切なこと

夫や妻と復縁する方向で生活を共にするときに大切なこと


「もう二度とあなたを悲しませることはしない」
「今後、あなたと一緒にいる時間を大切にしたい」そんな風に思ってもらえるように、今後、行動していくことを優先してください。

そのためにやるべきこと、必要なことは以下になります。


・あなたが意識を改め、内面も外面も磨き、笑顔を忘れない(自分を変える)

妻、夫として家族の一員として「敵」ではなく味方になるように心がける。

笑顔で接する機会が増えれば、きっと相手も少しずつ変化してきます。

「笑顔の魔法」これが最も簡単で効果的な方法です。

笑顔を意識し、心掛ける。


・パートナーの心地よい環境を作ってあげられるように努力する

夫が不倫をしてしまう原因の一つとして、家庭の中に自分の居場所がなく、存在価値を感じなくなってしまい、淋しさを穴埋めするために、他の女に走ってしまった、というパターンがあげられます。

妻の場合、育児や家事に追われ、自分の時間をなかなか持てないことから湧き出る淋しさが、不倫の原因だったのかもしれません。

家庭内で相手の存在価値を高め合える関係となることは、復縁への近道といえるでしょう。

まずは、あなたができることから始めていきましょう。


・今後、不倫されたことについてしつこく追及したり責めたりしない

夫婦関係を修復、復縁したいなら、しつこく旦那や妻の浮気や不倫を責めない


不倫はいけないことです。

しかし、反省し、心を改めようとしている夫や妻に対してしつこく責めてしまうのは良くありません。

特に、酔った勢いで蒸し返すようなことはしないようにしましょう。

時には浮気されたことを思い出し、悲しさ、悔しさから、触れてしまうことがあるかもしれません。

それほどあなたの傷は深いのです。

癒されるには時間がかかります。

もしも、しつこく責めてしまったり、追及してしまった場合には、謝る勇気も必要です。

すぐにはできなくても良いのです。

毎日少しずつ意識して、復縁への道を進んでほしいと願っています。


復縁を望む場合に、やってはいけないNG行為

修復を望む場合に、やってはいけないNG行為


あなたが夫婦関係の再構築を望み、復縁する気持ちを持っているなら、以下のNG行為は絶対にやめておきましょう。

不倫された経験者、友人への相談は気休め程度に行う
特にYahoo知〇袋のような所での相談は控える

様々な助言をもらいたくなるでしょうが、周りの言うことを鵜呑みにしたり、なんでも聞きすぎてしまうと、あなた自身が疲れ切ってしまいます。

また、悪口大会のようになってしまい、本質が見えにくくなってしまうこともあるのです。

相談する際には気休め程度に周りに意見を求めたり、話を聞くようにした方が良いでしょう。

浮気調査で、不倫の事実を目の当たりにしても、感情に任せて攻め立てる、怒鳴り散らす、暴力はNG

このような行動をする人とは、夫婦関係をやり直したいと考えられなくなるものです。

また、あなたが不倫の被害者であっても、家庭内暴力などで訴えられる可能性もあります。

不倫相手の職場に言いふらす、脅迫文などを送るのはNG

名誉棄損、脅迫罪などで訴えられる可能性があります。

証拠をつかむために友達に頼んで、あるいは自分で浮気調査を行うのはNG

素人である、さらに顔がばれているあなたや友人が浮気調査をしているのがバレた場合、どうなるでしょう?

必ず相手は警戒します。

その後、プロの探偵に頼んだとしても、警戒されていては、証拠をつかむのが難しくなってしまいます。

さらに、あなたが不信に思われ、夫婦関係の修復は困難になってしまいます。

別れさせ屋に依頼する、復縁工作を行う探偵に依頼するのはNG

これは探偵業法で違法調査とされており、あなたがトラブルに巻き込まれる可能性があります。

どうしても復縁したいからと、このような探偵への依頼は絶対に止めましょう。


簡単に許すことはできない、時間がかかって当たり前

夫や妻と復縁夫婦関係の再構築、復縁するために不倫を許すには時間必要


夫や妻に浮気をされ、あなたが感じた苦しみや悲しみを、すぐに忘れることなどできるはずがありません。

簡単に許すことができないあなた自身を責めずに、焦らず、長い目で夫婦関係の再構築に臨んでいただきたいと思います。

あなた方夫婦が、復縁を選んだとしても、不倫された事実は消えませんし、傷が癒えるまでには時間がかかります。

早く元の夫婦に戻りたいと急ぐ気持ちは理解できますが、どうか焦らず、一歩ずつ修復の道を歩んでいただきたいと願っています。


【参考情報】
夫や妻と復縁したい方へ!R&I夫婦関係修復コースのご案内


あわせて読まれている関連記事

不倫にはまる男・女の特徴や対策を考えましょう

証拠がない!不倫を認めない夫や妻、探偵の浮気調査は必要か?

探偵に浮気調査を依頼する時のメリットVSデメリット

浮気調査によって復縁に成功した事例

①家庭で居場所を失った、父親の浮気調査

②妻の抜け出せなくなった熟年不倫

③保育園の送り迎えで顔を合わせる父母がはまったW不倫

女の浮気を見破る!簡単に妻の不倫を見抜くコツと対処法

夫の浮気を見破る!簡単に男の不倫を見抜くコツと対処法


浮気調査探偵無料相談|0120-477-885|即日、緊急対応可能

・本当の事が知りたい
・家族関係を修復させたい 
・慰謝料を請求したい 
・有利な条件で離婚したい
・とにかく話を聞いてほしい 

もしもお悩みでしたら、無料相談をご利用ください。

一緒に対策・解決方法を考え、疑問や不安にお答えいたします。

緊急・即日対応も可能です。
浮気調査はお任せください!